ホーム   蘭州ツアー    シルクロードツアー    青海ツアー   西安ツアー   新疆ツアー チベットツアー  
万寿木塔寺観光案内
   

隋代創建の塔である。万寿木塔は張掖中学校の中に位置する。北周より早かった建築だが、清朝に大風に壊されてしまった。今の建築は民国時期に築かれたものである。元朝の際、15回の塔を再建されて、中には機械の装置がつき、塔の自身は回転できて、その時代には世界の奇跡になった。現在のは9回、下の7回はレンガ造り、上の2回は木造。もう完全に木造の塔を言えない。珍しいのは塔にはまったく釘を使わない。登れて、蘭州の八景の一つになる。

張掖木塔は木塔寺に位置する。木と煉瓦を組み合わせて造った塔は、南北朝の北周時代に建てられる。高さ32.8メートル、八角形九層の塔で、各層の八つの角には珍珠をくわえた木彫りの龍の飾りがあり、その下には風鈴が掛っている。木塔の上からは張掖市内の風景が一望できる。