ホーム   蘭州ツアー    シルクロードツアー    青海ツアー   西安ツアー   新疆ツアー チベットツアー  
張掖大仏寺観光案内
   

大仏寺は張掖市の南部にあり、西夏時代に創建された甘粛省最大の西夏建築である。現存する建築物は大仏殿、蔵経閣、土塔の三つで、大仏殿の内部には室内にある寝仏像の中で中国最大の釈迦牟尼の寝仏像が安置されている。寝仏の後ろには迦葉、阿難等釈迦の十大弟子の像があり、仏殿内の南北両側には十八羅漢像が立っている。蔵経閣には明代の6千巻あまり経典が収められている。保存状態もよく、金や銀で書かれた経文は貴重である。大仏寺は国家4Aレベルの風景区と称する。

西夏年永安元年に創建された。 このお寺には1098年に造営された素晴らしい大仏がある。マルコポーロは著書、東方見聞録の中で 「金で塗られた巨像」としてこの大仏に関しての記述を残しているほどである。 その大仏は高さが20m、幅は35mもある。また、大仏殿の裏には高さ33mにも及ぶチベット仏教様式の土塔が建っている。仏殿の入り口の両側には6㎡の煉瓦がはめ込まれ、左には「登極楽天」、「西方聖鏡」、右には「入摩地」、「祇園演法」と刻まれている。仏殿内の四方の壁には『西遊記』や『山海経』(空想で書かれた地理書で、想像上の動物など多数出てくる)の壁画が描かれている。