ホーム   蘭州ツアー    シルクロードツアー    青海ツアー   西安ツアー   新疆ツアー チベットツアー  
張掖丹霞観光案内
   

『張掖丹霞国家地質公園』は中国の甘粛省張掖市に位置しています。丹霞地貌は、張掖市から南西に約40キロのところにあり、丹霞地質公園で見ることができます。『張掖丹霞国家地質公園』の目玉である通称ー七彩山は、2002年に発見され、2008年に一般公開されました。まだ新しいため、中国人ですら知る人ぞ知る秘境だという話すらあります。まさに圧巻、これぞ絶景、というべき風景に距離感もサイズ感にくわえて色彩感まで狂いそうです。映画のロケに使われたことがきっかけで近年注目されるようになったそうです。

マルコポーロの東方見聞録でも知られるシルクロード河西回廊の町、張掖より約50kmほど離れた場所に、張掖丹霞地貌という赤い堆積岩で形成された美しい縞模様の地層が見られる広大なカルスト地形があります。中国語で「丹」は赤や朱色を意味し「霞」は夕焼けなどで空が紅色に染まる現象、または雲が鮮やかな色に染まる「彩雲」のことを表します。その名の通り、夕陽を受けて大地が徐々に紅く染まっていく様はまるで異空間にいるかのような美しさです。多彩な形にうねる地層が大地に見事な赤のグラデーションを生みだし、沈みゆく夕陽が大地に陰影を描きます。その光景は中国のグランドキャニオンとも称されます。

この張掖丹霞地貌、実はごく最近の2002年に発見されたばかりの中国でも知る人ぞ知る絶景ポイント!観光地としての整備が進められ、徐々に観光客が増えているようです。貴州省の赤水、福建省の泰寧、湖南省の莨山、江西省の龍虎山、広東省の丹霞山、浙江省の江郎山です。これらは全部、世界遺産に認定されています。西北部の甘粛省張掖にある丹霞地貌だけが世界遺産に含まれていません。

張掖の丹霞地貌は、南部の丹霞地貌とは異なっています。他のところがその名の通り、赤いのに対して、張掖のものは七色のシマシマ模様なのです。2009年には、中国の名映画監督、張芸謀の「女と銃と荒野の麺屋(原題『三槍拍案驚奇』」のロケ地となり、一躍有名になりました。今、張掖の丹霞地質公園は、観光客が爆増と言われるほど人気の観光地なのです。

七彩丹霞は面積の広さ、独特な造型、豊富な色彩、絶叫させる勢いで、2005年に「中国最も美しい七大丹霞」の一つとして人気を集めています。赤、黄色、白、青、緑などといったたくさんの色を一身に集め、神秘な大自然、素晴らしい景色を示しています。また、丹霞地貌景観の中で最も特別な所と言ったら、七彩霞峡、七彩塔、七彩屏、火海、七彩練、瑠璃峰、七彩瑚、七彩菇、大扇?などといった11処が挙げられます。山頂に登って眺めたら、山々、河、田園、村、煙…まるで絵のように目の前に出てきます。

張掖の丹霞地貌が、7色をしているのは、地質に含まれている鉱物によるものです。この鉱物は日の光を浴びることによって、色を変えると言われています。赤、山吹、黄、グレー、緑などが縞模様になって、地表に現れています。とにかく「このシマシマ模様を見たい、この中に自分が入ってみたい」と張掖の丹霞地質公園に行ってきました。地元の人曰く、昼間に行っても全く綺麗ではなく、朝か夕方がベストタイムだそうです。一番、縞模様がくっきりと見えるのは、雨の後です。七彩丹霞、まだは七彩山の景色は素晴らしかったです。丹霞地質で山肌が七色のグラデーションになっています。第一展望台から、第五展望台へは、色彩がだんだん濃くなってきて絶景でした。 展望台間はシャトルバスでの移動になりますがバスを降りてから階段を登ります。七彩山の景色は決して他では見る事ができません。小高くなった場所には展望所があり階段を頑張って上ると、そこから眺める周囲の山々はそれぞれがカラフルで異なった紋様、思わず見とれてしまう.

張掖丹霞地貌を訪れるおすすめの季節は秋。
地元の方によると、秋晴れの夕方に見られる絶景が一番美しいとのこと。
広大な丹霞地貌は昼間見ても素晴らしいですが、やはり一番の見所は夕景。
ツアーを利用する場合は、夕方の観光が可能なものをおすすめします。

丹霞地質公園
【行き方】
張掖バスターミナルから丹霞地質公園行きバスが出ています。10元でした。
【料金】
60元、公園内の専用バスの乗車費用を含む
【観光】
公園の入口は3ケ所あるようです。私は東口でした。
公園内には景観台になっている場所が4ケ所ありました。ただし1ケ所は立入禁止になっていました。観光するには入口と景観台を専用バスが巡回しています。例えば東入口>景観台1>西入口>景観台2>北入口>景観台3といった感じです。順番はよく覚えていません。