ホーム   蘭州ツアー    シルクロードツアー    青海ツアー   西安ツアー   新疆ツアー チベットツアー  
沙坡頭観光案内
   

中衛市は寧夏回族自治区の西部にあり、寧、甘、蒙三省区の交差点にあります。東は、呉忠市で南は、固原市で、西は甘粛省の靖远県です。総面積の1 . 7万平方キロメートル。中衛市の地勢は南西高く、東北低、市内の平均標高1225メートルです。地形は、黄河平原、砂漠、山地、丘陵など、塞上の江南と言われました。紀元前213年、秦筑西から临洮、東は遼東万里の長城は、万里長城、経中衛、北贺兰山陰山です。歴史上、中衛に所属した秦北地郡。寧夏中衛は、多い観光風景区があり、代表のは、5 A級の沙坡头観光区、砂湖風景区、中衛高庙中衛寺風景、トングリ砂漠、金沙島など。銀川市から200kmほどの所にある 砂漠を利用した娯楽場です。砂すべりや黄河でのモーターボート遊び等ができます。
沙坡頭はトンガリ砂漠景観を始め、砂漠植皮と砂漠動物を保護していることから、治沙ステーションと旅行聖地として世に名を馳せます。ここは遊覧区として三大特色を持っています。第一は鳴き砂で、砂滑りの時奇特な声が立てることで「金沙鳴鐘」と呼ばれる美称が出来ました。二つ目は砂山の北は無限なトンガリ砂漠だが、南は広大なオアシスです。ラクダで遊覧を楽しめる。第三は古老の渡河用具、ヤンピーファーズ(羊の皮で作る筏)に乗り、黄河をゆっくり漂流することができます。沙坡頭は「中国地理雑誌」に「中国五大美しい砂漠」の一つと評価されました。