ホーム   蘭州ツアー    シルクロードツアー    青海ツアー   西安ツアー   新疆ツアー チベットツアー  
新疆旅行観光ガイド
   

新疆ウイグル自治区は、中華人民共和国の北西部にあります。ウルムチは、中国西北部では最大の都市で、全区の経済、政治、文化の中心です。漢族の他、ウィグル、カザフ、キルギスなど13民族が居住です。ウルムチは天山山脈北麓のジュンガル盆地東南縁に位置します。ウルムチという言葉はジュンガル部の言葉で「美しい牧場」を意味します。シルクロートの要地であるウルムチは、東西文化の交流中心です。現在も中国と中央アジア地区、ひいてはヨーロッパと連結の交通要地です。

ウルムチは新彊ウイグル自治区の区都です。新彊ウイグル自治区の略称は「新」です。中国の西北部に位置しています。中国の支配権が及ぶようになったのは漢の武帝の時代に西域都護府が置かれてからです。唐代には北庭都護府と安西都護府が置かれていました。新彊と呼ばれるようになったのは、清朝の光緒年間に新彊省となってからです。新彊ウイグル自治区の成立は1955年です。面積は、全国一で、全国面積の六分の一を占め、日本全土の面積の四倍を越えます。最も人口の多い民族はウイグル族で、人口の半分以上を占めています。

漢王朝以来、東西の交通路が開かれ、人や物の往来のみならず、宗教、文化の通り道となり、多くの史跡を残しました。ウルムチは比較的新しい街で、18世紀の後半、清朝のジュンガル部遠征以降、ここ(当時の地名は迪化)を西域管轄の中心にしてからのことです。上に述べた新彊省の成立はこのことをいい、1884年のことです。1952年、モンゴル語で「美しい牧場」という意味であるウルムチと名付けられました。 また、ウルムチはしばしば、「海から最も遠い町」などと言われ、東の黄海からも南のベンガル湾からも北のカラ海からも西のアラビア海、バルト海からも2300キロ以上離れている内陸中の内陸にある都市です。タクラマカン砂漠の西端です。パミール高原の北麓。新彊ウイグル自治区の西南部に位置します。タリム盆地の北縁に沿って続く天山南路の西端でもあり、タリム盆地の南縁の西域南路の西端でもあります。両道はここで合流し、パミールを越えてインドへ、あるいは、西北に路をとりタシケント.サマルカンドへと続きます。カシュガルとは、古代イラン語やペルシャ語で「玉の市場」を意味します。玉はクンルン山脈で産するホータンの玉のことです。ウイグル語では「色とりどりの煉瓦で出来た家」の意味があります。