ホーム   蘭州ツアー    シルクロードツアー    青海ツアー   西安ツアー   新疆ツアー チベットツアー  
雷台観光案内
   

雷台は飛燕を踏んで駆ける銅馬「馬踏飛燕」の発掘地で、総面積は12.4万平方メートル、甘粛省武威市の北関中路に位置します。「馬踏飛燕」はシルクロードの象徴となり、古代中国の青銅器の中でも名品中の名品といわれています。文化大革命の時代、この雷台で防空壕を掘った際 偶然に漢代の将軍の墓が発見されました。その墓の中からは 漢の武帝が渇望した汗血馬の ブロンズ像「馬踏飛燕」や「銅車馬儀仗隊」が発見されました。 残念ながら実物は蘭州の甘粛省博物館に移されましたが、この「馬踏飛燕」は 現在では武威のシンボルとなっています。