ホーム   蘭州ツアー    シルクロードツアー    青海ツアー   西安ツアー   新疆ツアー チベットツアー  
白楊溝観光案内
   

白楊溝は、新疆ウルムチ市の南山にあり、市街区から80キロメートルに離れたところにあります。牛群れや羊の群れ及びテントなどは草原に点在しています。白楊溝は、海抜2252メートルでウルムチの南郊にある有名な避暑の遊覧地です。白楊溝仏寺遺址は白楊河の両岸に大規模な寺院遺址が広がっているところで、唐代に作られた寺院です。

ここはウルムチ南郊外牧場に属しており、草原の風景が満喫できる有名な避暑地です。ウルムチ南部の天山拉烏成山北麓を経てここにたどり着きます。この山地には西から東へ数箇所の溝が平行にできています。海抜は2252メートルであり、年間降雨量は500-600ミリメートルです。白楊溝に進むと、青空の下に切り立った山々と牛や羊の群れが見えます。野生の密林やさらさらと流れる小川もあり、フェルト製のテントがトウヒの森に囲まれた様は絵のようです。

白楊溝風景区の奥には、天然絶壁があり、さらに落差40メートル幅2メートルの飛瀑があります。この滝では水が霧のように軽く舞上がり、時々虹が見えます。トウヒの森の中には、カザフ族の牧畜民が住むフェルトのテントがあります。観光客がここのテントへ訪問すれば、ミルクが入ったお茶を飲みながら、手づかみでヒツジの肉を試すことができます。草原で馬を乗って遊覧することもでき、運が良ければ、競馬や羊の放牧、そして「姑娘追」というカザフ族の牧畜民のお見合い儀式も見ることができます。