ホーム   蘭州ツアー    シルクロードツアー    青海ツアー   西安ツアー   新疆ツアー チベットツアー  
ラサ旅行観光ガイド
   

チベットはその独特な地理と自然に恵まれた秘境であり、さらにはチベット仏教の聖地でもあるゆえ、世界各国の旅行者参拝者とっての憧れの地でもあります。ラサ」とはチベット語で「聖地」あるいは「佛のいる場所」の意味で、長い間チベットの政治、文化、宗教の中心であり、特に輝く雄大なボタラ宮(布達拉宮)は政治と宗教が一体になった最高の建造物です。ユネスコ世界遺産として知られるポタラ宮をはじめ、ジョカン寺(大昭寺)、ラモチェ寺(小昭寺)、デプン寺(哲蚌寺)、セラ寺(色拉寺)、ガンデン寺(甘丹寺)、ツルプ寺(楚布寺)など数多くのチベット仏教寺院があります。どの寺にも重厚な歴史があり、それぞれに数多くの仏典、壁画、多様な芸術品が存在し、極めて高い価値を持っています。

ラサ市は、チベット中央部ヤルンツァンポ河支流の北に位置し1300年の古い歴史を持つ都市。海抜3700メートルにあり世界で最も高い都市です。一年の日照り時間が約3500時間以上もあるから『日光城』と呼ばれています。ラサは国務院により国家歴史文化名城に指定され、ダライラマの住んでいたラマ教の大本山「ポタラ宮」は1994年にユネスコの世界遺産に登録、「トゥルナン寺(大昭寺)」も2000年に拡大登録、「ノルブリンガ」も2001年拡大登録されています。

歴史悠久な古い建築は、ポタラ宮(布達拉宮)、パイラ(帕拉)荘園 などがあります。多くの寺:チベット人はほとんどチベット仏教を信仰しています。ラサの街を歩くと、特にポタラ宮、ジョカン寺(大昭寺)、ラモチェ(小昭寺)の周りで、転経器を手に持ち回している多くの人を目にすることができます。ラサの観光スポットが大体3種類:歴史悠久な古い建築、美しい自然風景、壮観な寺に分けられます。美しい自然風景:ニンティ(林芝)の魯朗林海(ルランリンハイ) チベット三大聖湖の一つである羊卓雍湖(ヤムドゥク湖)、険しいヤルツァンポ大峡谷など。車で移動中、車窓の外はすべて人を感嘆させるほど独特な風景です。


 

 


=======================================================================================
ラサ旅行ガイド
ラサ観光地図
ラサ名物
ラサ交通情報
ラサホテル予約
ラサ現地発ツアー
ラサ観光スポット
ポタラ宮 | 大昭寺 | セラ寺 | テンバン寺 | ヤムドク湖 | ナムツォ湖 | ノブリンカ | チベット博物館
========================================================================================