ホーム   蘭州ツアー    シルクロードツアー    青海ツアー   西安ツアー   新疆ツアー チベットツアー  
カラクリ湖観光案内
   

カラクリ湖は新疆ウイグル自治区にあり、パシール高原の東部の「氷山の父」と呼ばれるムスグアタ峰の山裾に位置しています。そしてまた「カ湖」とも呼ばれています。ムスターグアタ山のふもとにある美しい湖、カラクリ湖は、カシュガルからタシュクルガンへ向かうバスの途中で見ることができます。時間によって色が変わると言われている水面には遠くの山々が映り、湖のほとりに建てられたパオで疲れを癒すこともできます。カラクリ湖周辺の自然は素晴らしく、湖のすぐ向こうはムシタグ峰と呼ばれる万年雪の標高7542mの山の素晴らしさに感動される、国内外の登山愛好者達にも人気がある峰です。

ウイグル語で「カラクリ」は「黒い海」を意味します。標高3600メートルの所にあり、深さは30メートル余り、広さは10平方キロメートルあります。カラクリ湖は山々に囲まれ、湖畔には栄養価の高い草が生い茂っているので牧畜民たちはいつもここで馬や牛などを放牧しています。晴れ渡った天気の日には、澄んだ湖面に雪の積もった峰が映り、湖の青さと山の景色が一体となってまるで絵画のようです。カラクリ湖自体はさほど広くないのでムスグアタ峰などの壮大な峰がなければあまり魅力的な観光地とは言えません。山と湖、一体となって美しい光景を作っています。カラクリ湖は雪峰の麓にひっそりとあるこの景色はまるでかわいい少女が英雄の懐に抱かれているようです。水が神秘的な光を放ち、幻想的な美しさです。湖畔は青い山脈がより一層青い水面に映り美しさを増します。カラクリ湖は世界でも稀な高原にある湖です。湖は多くの雪山に囲まれ、その中でも特に壮大なムスグアタ峰はより神秘的な色彩を放っています。穏やかな天候の日には雪峰と草原、そして草を食べている馬たちが水面に映り和やかな景色をつくりだしています。