ホーム   蘭州ツアー    シルクロードツアー    青海ツアー   西安ツアー   新疆ツアー チベットツアー  
楼蘭古城観光案内
   

楼蘭古城遺跡
楼蘭古城遺跡は20世紀初頭にスウエーデン人探検家のヘデンによって発見された。ロプノール西岸に残る都市跡で、シルクロードにおける。東西文化交流を考察する上でも重要な遺跡である。城壁は周囲の長さ1317メートル、ほぼ正方形をしている。城内には居住や水路の跡が残り、クシャーナ朝の貨幣、漢文やカローシュテイー文字で書かれた文書、ガラス製品など様々な文化財が出土している、また、城郭の周辺には高さ10メートルの仏塔をはじめ、烽火台、古墳群なども残っている。
楼蘭博物館
2011年5月にオープンした博物館で、チャルクリク周辺の遺跡から出土した文物を展示している、建物はミーラン古城の仏塔モチーフにしている、入口横には楼蘭のミイラから復元した女性の顔のレリーフがある。建物の一階では新疆各地の遺跡や新疆のナツメの展示を行っている。2階では新疆出身の著名人とこの地域の主な鉱物資源や動物資源を紹介している。