ホーム   蘭州ツアー    シルクロードツアー    青海ツアー   西安ツアー   新疆ツアー チベットツアー  
嘉峪関城楼観光案内
   

嘉峪関楼城は、6350Kmある万里の長城の西端です。1372年に築かれた高さ11mの城壁に囲まれた要塞です。 2つの門があり、門の上には3重の楼閣が建っています。 万里の長城は嘉峪関、山海関、居庸関が三大関として知られていますが、 その雄大さにおいて、他の2つを上回ると言われています。 また、博物館も隣接し万里の頂上の歴史を詳しく知ることができます。明の洪武五(1372)年に建設が始まり、およそ168年の歳月をかけて現在の形になりました。現在に至るまで、当時の姿を非常によくとどめています。その気勢溢れる姿は”天下雄関”と称えられ、1961年には国の重点文物保護財に指定されました。内城、外城、城壕の三つからなるが、中心となるのは内城です。面積2.5万平方メートル、高さ10.7メートルで、黄土のレンガから造られている。東の光化門と西の柔遠門の二つの門があり、その他櫓や楼閣、敵を見張る望楼、水門などがあります。長城に数多く残る関所の中でも、もっとも完璧に形を残している一つでもあります。