ホーム   蘭州ツアー    シルクロードツアー    青海ツアー   西安ツアー   新疆ツアー チベットツアー  
成都旅行観光ガイド
   

成都は四川省中部、四川盆地の西部にある岷江の中流に位置し、平原と丘陵や山地がそれぞれ面積の半分を占めています。成都は四川省の政治、文化、経済の中心地です。成都平原は土地が肥えている上に都江堰の大型の水利施設に恵まれ、古くから物産が豊かなため「天府の国」と呼ばれてきました。唐の時代から蜀錦を産出するため錦城の別称を持ち、また芙蓉の花を市花とするところから蓉城の別称です。中国西南の交通要衝として、南方シルクロードの起点、絹織物と竹細工と銀細工などの伝統工業の他、化学電子機械工業が発達です。2,300年近くの歴史を持つ古都として「三国志」にも登場します。歴史時代には三国蜀漢の都となり、五代十国時代には前蜀、後蜀の都となりました。成都は歴史的遺産が豊富で1982年には中国歴史文化名城に指定されています。歴史の文献によると紀元前5世紀の中頃、古蜀国の開明王朝九世が都を樊郷(今の双流県)から成都に遷都し、城壁と堀を構築しました。成都は古くから中国西南部の要所として、三国時代は蜀漢の首都、五代十国時代は前蜀、後蜀の都として2300年の歴史を持っています。秦と漢の時代以来、成都は先進的な農業、手工業と発達している文化で名を知られており、現在に至るまでずっと中国西南部の政治、経済、文化の中心地、長江流域の重要な都市として発展してきました。漢の時代には成都は洛陽と並び「中国の五大都会」と呼ばれていました。  

昔から「天府の国」と称されてきた成都は、物産が豊富で気候に恵まれています。名所旧跡はいたる所にあり、伝統工芸品は広く国内外に知れわたっています。民俗風情や田園風光、パンダなどの観光資源は多くの観光客を引きつけています。四川料理、パンダなどで有名なで、いつも人気があるところです。成都に来ると「絶対離れたくない。」とよく言われます。ここは完備している施設、三国の旧跡や世界自然遺産などが数多くあるほか、とても美味しい四川料理もあります。個人ツアーの方はパンダカードを作った方がよいでしょう。そのカードを持っていれば、成都市内や周辺の観光スポットをもっと楽しむことができます。武侯祠、杜甫草堂、劉氏荘園、永陵博物館は歴史上の人物をテーマとしていて、それぞれの物語があり、観光客は異なった歴史に浸ることができます。成都の北の郊外にあるパンダの繁殖基地は景色が美しく、パンダ、レッサーパンダ、オグロヅル、 コクチョウ等の絶滅にひんしている動物がここでのんびりと生活しています。パンダは中国の国宝で、四川盆地の竹林にしか生息していません。白黒模様のパンダたちはころころと太った体をし、不器用のようですが実はすばやく行動できます。たまに観光客に顔を向け、人々を笑わせます。パンダの姿を見ると本当に癒されます。毎年、秋になると運が良ければ、子パンダも見ることができ、これは一生の中で白黒以外の色をしている唯一の時期です。生まれたばかりの子パンダは大きさがわずか10センチ。はじめの七日間は可愛いピンクの色をし、その後は白黒の毛が徐々に生えだします。ですからこの時期の飼育室では特別な光景を見ることができます。


 

 


九寨溝や成都パンダなどのツアーお問い合わせ、こちらへ
=======================================================================================
成都旅行ガイド
成都観光地図
成都名物
成都交通情報
成都ホテル予約
成都現地発ツアー
成都観光スポット
九寨溝 | 黄龍 | 四姑娘山 | 楽山大仏 | 峨眉山 | 成都パンダ基地 | 都江堰パンダ基地 | 臥龍パンダ基地 | 雅安パンダ基地
========================================================================================